ホーム > 製作&修理

製作&修理

ギター工房 夢屋

工房トップ.jpg

2018年9月…音楽堂 平林にギター・ベースの製作、リペアを行う「ギター工房 夢屋」を設置!

「オーダーメイドギター・ベース製作」やギター・ベースの「リペア・改造」を受け付けております。

本格的な木工・塗装設備と経験豊富なクラフトマンがあなたの理想の楽器を形にします。


●担当プロフィール


宮本 夢也(ミヤモト ユメヤ) 1991年3月生まれ 長野県出身

東京都の音楽・芸能・楽器の専門学校 ESPミュージカルアカデミー(※現ESPエンタテインメント東京) ギタークラフト科 卒業。

その後、同校同科にて、7年間ギター製作の講師として勤務。 2018年7月音楽堂 平林 入社。


●メッセージ


ギター・ベースは音楽を演奏する道具であり、その状態や性能によって演奏性や音が左右される事も多々有ります。

さらに見た目やデザイン等の付加価値を楽しめる所もギターと言う楽器の魅力の一つだと思っています。

そして、音や見た目の好みは十人十色…

お客様一人一人にとっての「最高の一本」を生み出す事、愛器を「最高の状態」に仕上げる事を常に目標とし,取り組んでいく所存です。

私が東京で培った技術を、生まれ育った長野という地で皆様の音楽生活の為に活かして行きたいと考えています。

どうぞお気軽にご相談下さい!!


ギター・ベース オーダーメイド

オーダー.jpg

エレキギターが誕生して約70年程…楽器の中でも比較的歴史の浅いエレキギター・ベースは自由度が高く、時代の音楽と演奏者に合わせて多くのモデルが存在しています。昨今では「自分だけの理想のギター」であるオーダーメイドが身近になってきています。「素材」「パーツ」「形状」「弾きやすさ」そして「音」。0から設計するオーダーメイドならその全てにこだわりを詰め込み、「自分の為だけのギター」を手にする事ができます。

オーダーメイドの流れ

●相談、お見積もり

どんなギターにするか?使用する木材やパーツの種類、デザインやカラー等の楽器の仕様を相談しながら

決定していきます。パーツや木材等の詳しい知識が無くてもご安心を!

担当クラフトマンがお客様のイメージに合う物を提案し相談の上決めていきます。

仕様が固まったら、完成イメージ図をご覧頂き、ご納得頂ければ料金のお見積もりとなります。

オーダーイメージ.jpg

●製作

相談し決定した使用を基に設計、製作を開始していきます。グリップ部分の握り心地や塗装の色味等、

言葉では伝え難い部分は、ご希望があれば製作の工程でご確認頂く事も可能です。

イメージのズレを防ぐ為にも、遠慮なく御申しつけ下さい。

※納期(製作期間)は仕様により異なりますが3~4か月程になります。

●完成、お渡し

完成品をご確認頂き、必要に応じて再調整を行いお渡しとなります。

完成後のメンテナンス等のアフターケアもお任せ下さい。

オーダーイメージ②.jpg

~あなたの理想のギターを音楽堂で形にしてみませんか?~

リペア・カスタマイズ

リペア②.jpg

「大切な楽器が壊れてしまった」、「よくわからないけど弾きづらい」、「もっといい音にしたい」…等々、大事な楽器であればあるほど、長く使っていくうちに悩みは尽きなく増えていくものですよね?音楽堂ではそんな楽器のリペア(修理)やメンテナンス、カスタマイズも承っております。

楽器によって仕様は様々。故障の症状も様々です。楽器に合わせた方法や仕上げで修理を行うのはもちろんの事、お客様のご要望や、予算、そして気持ちの部分までご相談時にヒアリングし、楽器の状態としっかり照らし合わせた上で、ご依頼に最適なプランを提案し作業を行います。

ご相談、状態診断、お見積もりは無料です。お困りの楽器があればぜひ一度ご相談ください。

料金表はこちら→リペア料金表.pdf


●リペア実例

●ネック折れリペア

①.jpg②.jpg

折れてしまった箇所を、当て木を製作し、適切に接着します。

リペア③.jpgネック折れ④.jpg

強度に問題がなければ接着のみで完了です。強度が足りない場合には補強加工を行います。

「エコノミーサンダー」と言う機械で、折れた部分を中心に一度削ります。

ネック折れ⑤.jpgネック折れ⑥.jpg

ネックと同じ木材で補強材を製作します。丸く削った部分にぴったり合わせて加工し接着。

乾燥後、ネックの形状に合わせて加工していきます。

ネック折れ⑦.jpgネック折れ⑧.jpg

補強材をネックに合わせて整形し、塗装を施します。今回は黒で着色し加工跡を隠しています。

ケースやご予算に合わせて、外観の仕上げのパターンは変わっていきます。

ネック折れ⑨.jpg

加工完了後、パーツを戻し弦を張り調整します。

数日にかけて様子を見、問題が無い事が確認できたら全ての作業完了。お渡しです。

●フレット交換

フレット交換①.jpgフレット交換②.jpg

演奏により摩耗して低くなってしまったフレットを交換します。

加工した専用の道具を使用し、フレットを抜いていきます。木部の割れを最小限に留める様、一本一本丁寧に抜いていきます。

フレット交換③.jpgフレット交換④.jpg

新たなフレットを打ち込む前に、指板の形状を適正に研削していきます。

打ち込みが完了したら、打ち込み時のばらつきを修正する為に「フレットすり合わせ」を合わせて行います。

新たなフレットの高さに合わせてナット加工もセットで行います。

全てが完了したら調整して完了。お渡しです。


ご不明点、ご相談等はお気軽にお問い合わせ下さい。